仲良くできない夫婦・・・いつまでも仲良く過ごすには?!「心の選択」

ちょっとした言葉でイラっとくることがあります。

夫婦の場合、接する時間も長いですし、慣れもあるので、結構自分が思っているより相手をイラっとさせているかもしれません。

今でこそ私は仏のJと呼ばれていますが、若い頃は本当に酷かったです。

正論こそ正義、相手を論破することが快感であり、彼女とケンカをしても泣くまで追い込み・・・、本当に最低な男でした。

そんな男が今は仏なのですが、(自分で言うなっ)、今日こんなことがありました。

(今回はなぜ私が更正できたのかは割愛します)

イラッとするのは自分がそう選択している

数日前、自宅のウォーターサーバーが壊れてしまったので、サービスセンターに連絡し、今日交換に来る段取りになっていました。

といってもド平日の金曜日です。

私は日中もちろん仕事なので、「ドライバーに到着30分前に連絡して欲しい」とコールセンターのお姉さんに伝えましたが、

当日の午前中にドライバーから連絡させますのでその時にお伝えくださいと言われました。

幸い自宅と会社は車で15分の距離なので、30分前に連絡があれば仕事を切り上げて余裕で自宅に到着ができるのです。

朝、出社してから、上司にその旨を報告し途中抜け出すことをOK頂きました。

そして10時頃ドライバーから連絡が入り、

到着30分前ぐらいに連絡下さい。自宅まで車で15分ぐらいですが会社からすぐ向かいます。」と伝えました。

そして昼の2時頃。

ドライバーから連絡がありました。

ドライバー「あと5分で着きます。

私「あれ、30分前に連絡欲しいと言ったけど。

ドライバー「道が空いてたもんで。

・・・・。

道が空いてたもんで?

そんなの到着5分前に連絡する理由にもならないのですが。

と、仕事を一旦切りの良いところで終わらせ急いで自宅に向かいました。

正直、かなり私はイライラしました。

会社を出てすぐ、またドライバーから連絡がありました。

もう着きましたけどまだですかぁ?

・・・・・・・。

だから予め30分前に連絡しろと言ったわけなんだけど。久々にバトルするのも面白いかなと、運転中に様々な想定をして自宅前に到着しました。

結局、電話をもらってから20分で到着しました。ドライバーからすると15分待ちぐらいでしょうか。

でも私的には電話をもらってから予告通り30分以内なので悪いとは思っていません。

到着すると、エントランスのところで気怠そうに座っている業者2人(ドライバー+助手)がいました。

一応「お待たせしました・・・」と謝りつつ、業者の出方をみると、

何も言わず「ふぅ・・・」と立ち上がりました。

この態度に、私は怒りの沸点を迎え、久々に臨戦態勢に入りました。

するとその時です。

エントランス入口のガラスの反射で、私の怒り顔が目に飛び込んできました。

渡辺謙ばりの目力です。

ふっと我に返りました。

そして、私のお師匠様たちの声が発動しました。

※お師匠様たちは、ある人物であったり、本であったり、私が勉強させて頂いているあらゆるもの。

このようなシチュエーションは、私の心のバージョンアップの訓練なのです。

この業者の行動で勝手にイラっとしているのは、私の心なのです。

業者が私をイラっとさせているのではありません。

感情、怒りに任せてイラっとすることを私自身が選択しているだけなのです。

もし、このまま私がイラっとしたまま怒りに任せてドライバーに向かって、

だから俺は到着30分前に連絡しろと言ったよな?!

と、正論をかざして攻撃(口撃)したとしても、

業者は業者で待たされた事実、更に私が逆ギレをしていると思い、俺の方が正義だバカヤローと反論してくるでしょう。そうなったら最悪な結果になっていたかもしれません。

ウォーターサーバーを上手く設置してもらえないかもしれない・・・。

名前、住所、部屋番号も知られているし、運送業者だから留守中にイタズラされるかもしれない・・・。

後日、自宅前で待ち伏せされて襲撃されるかもしれない・・・。

よし、イラっとすることは選択しないようにしよう。

よくよく考えると、イラっとした結果、結局は悪いことが自分に降りかかってきます。

業者の気分も悪くなります。

私の気分も良くなり、業者にも気持ちよく作業してもらう選択をしなくては。さてどうする?

とりあえず牛乳でも飲みます?

喉が渇いてそうだったんで、作業前に牛乳を飲んでもらいました。

プハー、うまい!!」と喜んでましたよ。

私の選択によって、最悪な事態になりそうだったのが、

業者は「ありがとうございました、ご馳走様でした。」と帰って行きました。

ふぅ・・・。ちょっと疲れちゃいましたが、心の選択って本当に大事だなと思いました。

まとめ

すいません、今回の話しはあまり夫婦の仲に関係なかったですね。

いやいや、そんなことはありませんっ!!

最初の件に戻りますが、夫婦は赤の他人以上に親密で慣れている関係なので、ちょっとした気の緩みで、悪気が無くても思いがけない言葉を発しているかもしれません。

その言葉に対してイラっときて真っ向勝負するのか、

イラっとしない選択をして、相手との関係を上手くコントロールするのか、

それはアナタ次第ですっ!!

えっと。

無事、ウォーターサーバーは設置されました(^^;)

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする